健康食品、化粧品、ヘアケア商品の通信販売と健康食品、化粧品のOEM製造のフォルム

口内炎の原因

口内炎の原因


口の中には様々な細菌がいます。

体が健康なときは、粘膜にも抵抗力があり病気にはなりません。

しかし、かぜや疲労で栄養状態が悪化して、体が衰弱し始めると口内炎の危険性が。

なぜかというと、普段から口腔内にある菌が粘膜を侵して炎症や潰瘍を引き起こしてしまうのです。

これが口内炎となってしまうのです。


口内炎ができやすい人の例としては、

・かぜを引きやすい
・偏食しがち
・慢性的な疲労がある
・胃腸が弱い
・胃腸炎を持っている

などの傾向があります。

それらにほぼ共通していえるのが慢性的なビタミンB群の不足です。
posted by hikari at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口内炎の原因
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。